麦茶Q&A
Q 麦茶が夏場によく飲まれるのはなぜですか。
A 夏の季語として読まれる麦茶は、まさに夏の風物詩的な趣を持つ飲み物です。香ばしさとさっぱりとしたのどごしが好まれていますが、他の清涼飲料水と違い、保存料、甘味料等の添加物が一切含まれていないほか、カフェインやタンニンなども含まれていません。
夏場は、身体の新陳代謝が活発になり水分を多くとりますが、水のかわりに麦茶を飲むことによって水分を補給することができ、「さっぱりとして美味しい」、安心して飲める自然飲料として多くの人に親しまれているからです。

Q 麦茶には、どんな種類のものがありますか。
A 麦茶の原料は、国内産の小粒大麦、大粒大麦、はだか麦です。最近では国内産麦が不足し、一部外国産(オーストラリア・カナダ)の大麦を使用することもあります。なお、商品としては、丸粒大麦(いわゆる棒麦茶) ティーパックの麦茶があり、手間のかからないお手軽タイプのティーパックが圧倒的に多くなっています。
ティーパック形式の麦茶は、煮出すタイプと冷水に直接入れるタイプに分かれます。さらに、好きなときに飲める紙パックや缶入りの麦茶もあり、麦茶の形態もバラエティーに富んできました。

Q 麦茶はアレルギー食品ですか?
A 麦茶は原料が大麦です。小麦アレルギーの方でも安心してお召し上がりいただけます。

Q 麦茶はどれぐらい飲めますか?
A 麦茶を入れ替える容器が清潔にされていることを前提として、やかんで煮出した場合は、冷蔵庫で保管していただいて、1〜2日ぐらいです。冷水で出した場合も、同様に1〜2日になります。ただ、麦茶は生ものですので、 出来るだけ作った当日に飲み終わるようにしてください。

Q 麦茶にはカフェインは含まれているの?
A 麦茶にはカフェインは含まれておりません。

Q 麦茶には添加物は含まれているの?
A 麦茶には、保存料、甘味料などの添加物は通常含まれておりません。

Q 麦茶って赤ちゃんに飲ませても大丈夫?
A 麦茶には、保存料、甘味料などの添加物は通常含まれておりませんので、赤ちゃんからお年寄りまでどなたでも安心して飲める自然飲料です。